1. トップページ
  2. 売りたい方へ
  3. 仙台でローンの残るマイホームを購入した値段よりも高く売却した事例を紹介

仙台でローンの残るマイホームを購入した値段よりも高く売却した事例を紹介

お客様とお話していると、住宅ローン返済中のマンションや一戸建ては売却することができない、と思われている方がいらっしゃいます。

しかし、実際はローン返済中であっても、売却や買換えが可能です。

長く住み続ける前提で購入した家でも、家族構成や生活スタイルの変化によって、売却せざるをえなくなるということはあり得ることです。

目次

当社でもこれまで、転勤や住み替えを理由としてマイホームの売却を行うお客様が多数いらっしゃいました。購入してから5~10年程度で売却されるお客様が多いですが、購入した額よりも高い値段で売れるケースも多々ありました。

 

購入額よりも高く売れるケースについて

過去に当社仲介で売却した一例ですが、仙台市内に新築戸建てを購入したお客様が築10年時に売却し、購入額より500万円ほど高く売却することができたということがありました。仲介手数料などの諸費用がありますが、それらを差し引いても300万円程度は手元に残りました。

新築の家を10年間家賃無しで住んだ上に、300万円プラスで入ってくると考えればそのインパクトが伝わると思います。

マイホーム売却の場合、譲渡所得から最大3,000万円まで控除を受けることができますので、譲渡税はかからないと考えて大丈夫です。詳しくはこちらをご覧ください。

なぜそのようなことが出来るかについてですが、特徴としては以下のようなことがあります。

 

人気エリアに存在している

物件が人気エリアに存在していることがひとつです。更に言えば、そのエリアに新築戸建が売り出されていない、又は売り出されていても高額であるため、皆が中古戸建を探しているという場合です。しかも、中古戸建の数も少ないとなるとなお良いです。

このような条件が揃うと、新築より少し安いくらいの高値で、10年以内の中古戸建が売れるということが起きます。

タイミングも大切

不動産の相場は、経済情勢によって上下します。2000年以降だけで見ても、ITバブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災、コロナウイルスの蔓延など、様々な事象が起きました。

上記のような経済情勢によって不動産相場も上下するわけですが、タイミングによってはマイホーム需要が多く、高値でも売却できる時があります。

そのタイミングで売却をかけることができれば高値で売ることができるのですが、そのタイミングを計るのは難しいです。だからこそ、時間的に余裕をもって売却できる方がとても有利です。当社では居住しながら売却という形もお勧めしています、こちらもどうぞ。

 

住宅ローン残高より安くしか売れないケースについて

一方で、購入時に高値掴みしまっていたり、異常な値下がりをしているエリアだったりすると、住宅ローンの残高よりも安い金額でしか売れないということが起こります。

具体的には「売却価格3,000万円にも関わらず、ローン残債と売却諸費用で3,500万円かかってしまう」といったケースです。このようなケースではローンの全額返済をしないと金融機関の抵当権抹消ができませんので、ご自身で500万円を用意しなければなりません。ご自身の預貯金があれば問題ないですが、そうでなければ保有している車や株式の売却、保険の解約、両親を頼るなどして現金を集める必要があります。

また、「自宅を買換えたいがローン残高が売買金額を上回っている」「預貯金を充当しても全額の返済額に届かない」といった状況でも、マイホームの買換えであれば「住み替えローン※1」を利用するという手段もあります。しかし住み替えローンは、月々の返済額が高くなり、将来的に苦しくなる可能性があるため、当社ではあまりおすすめしていません。

※1・・・現在の住宅ローン残高に加えて、住み替え物件の購入に必要な資金を新たに借り入れ、買換え先の物件に抵当権を設定し直すローン

 

上記のような理由で、どうしてもすぐに売却しなければならない場合を除いては、長い期間を設けて検討していくことをお勧めします。特に、住宅ローンの残高と相場の売却価格のバランスは大切です。

マイホームが現在いくらで売却できそうか、を詳しく知りたいという方は是非一度当社に査定を依頼してみてください。

無料査定はこちら

カンタン入力 項目を選択して
査定スタート!

お持ちの