1. トップページ
  2. 売りたい方へ
  3. なぜ同じ物件なのに不動産業者によって売却までのスピードが違うのか

2020.12.28 売却

なぜ同じ物件なのに不動産業者によって売却までのスピードが違うのか

「長い間売れていなかった不動産があったが、依頼する不動産業者を変えたら、すぐに買い手が見つかった」

こんな話、聞いたことはないでしょうか。
実際、こういったことは珍しいことではありません。

では、同じ物件でも依頼する業者によって売れるスピードが変わるというのは、どこに要因があるのでしょうか。

目次

 

ネット掲載ではそこまで大きく差がつかない

不動産業者に不動産の売却を依頼すると、通常はアットホームSUUMO、不動産業者間の流通サイト「レインズ」に不動産の情報が掲載されます。

これにより、アットホームやSUUMO経由で一般の方から、レインズ経由で不動産業者から問い合わせや内覧の予約が入ります。掲載する写真やコメントの良し悪しによって、反響は若干変わりますが、劇的に変わることはありません。

需要の高いエリアは反響が多く、需要が低ければ反響は少ないといった具合です。

 

独自の紹介ルートを持っているか否か

では、なぜ売れるスピードが変わるのかについてですが、1つ大きいのは内々で紹介できるルートがあるかどうかです。当社の場合は、建売業者様やマンション買取業者様、アパート建築業者様といった優良企業様と深い関係がございます。

上記の業者様とは、これまで何度も取引をしてきているので、他の不動産業者様経由で打診をするよりも、高値で取引が成立したり、条件を譲歩してくれたりする可能性があります。(実際に何度もそういったことがございました)

また、当社と深いお付き合いのある企業様へ売却するメリットは、銀行融資が付かないことがないという点です。一般の方への売却となると、申込時に融資特約という特約がつけられ、銀行融資が承認されず借入が出来なった場合は契約破棄となる場合が多いですが、そのようなことがないのです。

つまり、申込=取引成立となるのです。

 

当社での買取も可能

また、当社自身も収益物件を多数保有しておりますため、エリアによっては、当社での直接買取も可能です。近所の方々に売却していることを知られたくない場合には、おすすめの方法です。

以上のように、独自の紹介ルートを持っているかどうか、という理由により不動産の買い手が見つかるかどうかが大きく変わることもあります。

ご自身の不動産が一向に売却されない、などのお悩みがある場合は、是非一度当社へご相談ください。

無料査定はこちら

カンタン入力 項目を選択して
査定スタート!

お持ちの