1. トップページ
  2. 売りたい方へ
  3. 古い建物付の土地を売却したい場合、解体(取り壊し)は売主がすべき?

2020.12.28 売却

古い建物付の土地を売却したい場合、解体(取り壊し)は売主がすべき?

築年数が古く、もうそのままでは利用することのできない建物が付いた土地をお持ちの場合、どのように処理するかは難しい問題です。

上記のケースは相続で取得される方が多いのですが、もう利用されていない古家やテナントが建っている場合が多いです。

そのままで貸すことはできないし、持っているだけで固定資産税が毎年かかるし、かと言って新しく建て直すほど需要があるかも分からない・・・と悩みは尽きません。

そんな時、大抵は「売却」という選択をすることになるのですが、売却の方法も様々ですので注意が必要です。

目次

 

建物を解体して更地として売却する

不動産業者に売却の相談をすると、多くの場合、建物(古家やテナント)を解体し、更地にしてから売却することを提案されるでしょう。

不動産業者としては、利用できない建物が残っているよりも更地の方が売買活動がしやすいため、そのような提案になります。

しかしその反面、売主様としては自費で解体費用を捻出しなければなりませんし、更地にしたところで必ず売れるとは限らない為、リスクの高い方法と言えます。

 

建物を残したままでも売却できる

「利用できない建物は壊して更地にしてからでないと売却できない」と勘違いされている売主様が時折いらっしゃるのですが、建物が残っていても売却は可能です。

現に当社では、建物を残したままで売却活動を行う提案をすることがほとんどです。その理由は、前述した通り、そうした方が売主様にとってリスクが少ないからです。

具体的な方法についてですが、

①まず当社の提携している解体業者様に解体して更地にする場合の見積を算出して頂きます。
②その後、該当する不動産の周辺取引事例等を参考にしながら、“更地の場合の”売買金額を決定します。
③そして、その金額から解体費用を差し引いて、正式な売却金額が決定します。
※売却金額=更地の場合の相場取引価格-解体費用

 

「建物を壊すのは面倒だし、購入を検討する人が減るのではないか?」と思うかもしれませんが、気にするほどの大きな影響はございませんので、ご安心ください。

そればかりか、好意にしている解体業者様がいる買主様にとっては一般よりも安く解体ができる為、建物がある状態で少々高値であっても購入に至るケースもあります。

当社では、買取も行っております。付き合いの深い投資家様や買取業者がいますので、内々でご紹介できる為、建物を残した状態で売却する方が大半です。

もし、古い建物が残った不動産をお持ちでお困りの場合は、当社まで一度ご相談ください。売却相談はもちろんのこと、エリアによっては売却以外のご提案も可能でございます。

無料査定はこちら

カンタン入力 項目を選択して
査定スタート!

お持ちの