1. トップページ
  2. 貸したい方へ
  3. 家賃を滞納する入居者を見極める方法

2020.12.14 賃貸

家賃を滞納する入居者を見極める方法

お持ちの不動産を賃貸に出す際、皆様が気にされるのは、家賃の滞納です。

不動産業者によって入居審査もまちまちなので、その分滞納率も変わってきます。

目次

 

滞納が起こると・・・

滞納の理由は、入居者によって違います。
単にお金にルーズな人、所持金がない人、全く払う気もない人など様々です。

数か月に一回遅れる程度の入居者であれば、その都度、連絡するだけで解決するのかもしれません。

しかし、毎月のように遅れる上に連絡もつかない。
家に行っても居留守を使われるといった悪質なケースもあります。

その場合、「契約解除」「差し押さえ」「明け渡し請求」など、法的手段も検討しなければならなくなります。

こうなると、オーナー様としては費用もかさみますし、時間も労力も奪われますし大変です。

 

入居者選びはとても重要

退去の時期が悪く空室期間が長くなると、オーナー様としても焦りが出てきます。

そうなると、たまの内覧で申込が入った場合、入居者の情報(職業や年収など)に少々懸念があっても契約してしまう方も少なくありません。

しかし、そうしてしまうと上記のような滞納が起こりやすくなりますので要注意です。

また不動産業者もまちまちで、中には入居審査をほとんどせず、だれかれ構わず入居させてしまう業者もいます。

入居者を決めさえすれば手数料がもらえるからです。
そのため、募集を依頼する不動産業者も精査が必要です。

当社に物件の管理をお任せ頂ける場合、こちらのような内容で管理させて頂きます。不動産賃貸に係る全てを網羅しております。

また、当社の管理物件については、保証会社の加入を必須とし、入居者の審査を非常に厳しく行っております。

保証会社というのは、入居者の方が家賃を滞納した場合に、代わりにオーナー様へ家賃の支払い義務を負う会社のことです。

そのため万が一、入居者様の家賃滞納があっても、オーナー様へは毎月家賃が支払われる仕組みになっています。

また、保証会社の加入には厳しい審査があります。

中でも当社が提携している保証会社は、東証一部上場の優良企業のため、滞納の心配がある方は審査の段階で弾かれることが多く、実際には滞納はほとんど起こりません。

当社ではこのような仕組みを取ることによって、入居トラブルの少ない快適な賃貸運営を支援しています。

もしご自身の不動産を賃貸に出すことを検討されている場合は、ぜひ一度ご相談頂けると幸いです。

無料査定はこちら

カンタン入力 項目を選択して
査定スタート!

お持ちの